屋根の修理のおすすすめの業者選びは?

雨漏りや屋根の劣化により、屋根の修理を考えた時、「屋根の修理っていくらぐらいかかるの?」「屋根の修理の適正価格を知りたい!」「悪徳業者とは一切関わりたくない!」

 

こういった方が大半を占めると思います。

 

その中でも

 

「すぐに複数の屋根のリフォーム業者と交渉したい!」

 

あるいは、

 

「匿名でとりあえず屋根のリフォーム業者の概算価格を知りたい!」

 

という方がいらっしゃるとおもいます。

 

どちらの方でも無料で利用できる屋根のリフォーム業者の一括見積もりサービスをご紹介します。ぜひご自身に合ったサービスを活用してみてください。

 

また、できるだけ沢山のリフォーム業者の料金を比較したい方は、両方のサービスに登録すると、より効率的に比較検討できるのでおすすめです。

 

今スグ交渉したい!! 匿名で概算を知りたい

リショップナビ一括見積もり
→完全無料で30秒入力

外壁の相談窓口相場
→完全無料で10秒入力

屋根の葺替え、修理を依頼する際の3つのポイント

屋根修理申込

 

屋根の葺替えや修理を業者に依頼する場合は知っておくといいことがあります。1つは屋根修理業者の種類で多くのところが利用できるのが特徴です。工務店は大規模なところから小規模なところまで用意されている、屋根の修理に対応できますが専門で対応できる場所はちょっと少なめとなっています。簡単な修理なら自社で対応可能ですが複雑になると下請け業者が対応するところが多いです。リフォーム会社は家のリフォーム専門で行ってくれるだけに屋根の修理にも簡単に対応できるのが強みとなっています。塗装やは屋根の塗装をしてくれる場所ですが、屋根の葺替え工事を依頼できるところもあるのがメリットです。外壁塗装専門で行っている会社もあるのでチェックしておくといいでしょう。

 

瓦屋は屋根の葺替え専門なので品質の高いサービスをしてくれます。板金屋は外壁や屋根に板金を用いた工事を行ってくれるサービスです。修理や雨樋の工事に対応できるので用途に応じてサービスを使いわけるのが基本といえます。また業者を選ぶ際は見積もりがしっかりしているお店がおすすめです。実際に工事を行ってから高い金額を請求されると大変なので、ホームページを見て明朗会計をしている会社にします。手っ取り早く調べるには利用者の口コミを参考にすると良いです。ネット上には修理業者の口コミサイトがあるので利用すると簡単に調べられます。また友人や知人から評判の良い業者を聞くのも手です。

 

3つ目のポイントはある程度の相場を知っておくことで、業者選びをするときに依頼しやすくなるといえます。全体の30%くらいは100万円から200万円の相場です。一般的に葺替えと修理費用は高くても150万円程度なので、この金額を基準にして業者を選定すると便利となっています。また特定の機能要件を満たす業者を選定すれば満足できる作業を行ってくれるでしょう。以上の情報を理解して優れた業者に依頼をすると良いです。

戸建ての屋根修理と火災保険:自然災害の火災保険適用例(瓦屋根の被災)

屋根修理おすすめ

 

火災保険は火災による保険事故だけでなく、自然災害による戸建て住宅の屋根修理にも保険金が支払われることがあります。案外盲点になっているのですが、後になって保険金を支払える事例だったと判明して後悔することのないように、自然災害の火災保険適用事例を通して、適用要件を確認しておきましょう。中古住宅を購入し、不動産会社の担当者の勧誘を受けて、そのままなんとなく火災保険に加入した事例です。大きな台風が付近を襲来してから後に、酷い雨漏りに悩まされるようになり、不動産会社の当時の担当者に連絡をとったところ、火災保険で修理を受けることが出来るはず、との返答をきっかけに保険会社のカスタマーセンターに連絡をとり、現況を話すと対応するとの返答を受けます。その際のカスタマセンターからは、リフォーム会社の見積もりを取ること、現場の写真を添付して、保険会社もしくは保険代理店へ郵送する内容の指示を受けています。保険会社はそれらの資料をもとに、保険金支払いの可否を判断するとのこと。

 

ただしこのとき問題になったのは、瓦屋根の一部が拭きとび、青空を拝めるような状況だったので何よりも迅速な修理を優先したが為に、保険金がどの程度支払われるのか見通しが立たない点にありました。ところが実際の手続きは速やかに完了し、見積もり通りの金額が口座に振り込まれ事なきを得たそうです。

 

もう一つの事例も同様に台風で瓦屋根に損害を被りましたが、軒天に損害出て瓦屋根の一部も破損した損害が問題になっています。火災保険の約款を調べてみたところ、このような台風による軒天の損傷なども火災保険上の「風災」に該当するとの判断で、保険会社に連絡して損害額の見積もりも送ったところ、総額20万円超えの修理費用も保険金で賄うことが出来たとの最終結果に終わっています。このように台風被害は暴風雨を伴い明らかな自然災害に当たるため、保険会社の判断も比較的明確に下されているのが特徴です。

屋根の葺替え修理のタイミングって?

屋根修理相場

 

屋根の葺替え修理のタイミングをいつ頃にすれば良いか悩んでいる人も少なくありません。雨漏りがいつ発生するか分からないと言う面もあり、早めの葺替えを考えたいものですが経済的な面からはその耐久性を十分に見込んで修理をしたいと言う人も多く、実際にどのぐらいの期間を見ればいいかわからないと言う人も多いものです。住宅の屋根には様々な素材のものがあり、その素材の耐久性や利用方法により修理のタイミングは大きく変わってきます。例えばサイディング屋根の場合には概ね10年程度がその寿命と言われており、10年程度で修理を行うことが望ましいとなっています。一方銅板屋根は銅の耐久性が高いことから25年から30年程度は持つと考えられ、その期間を修理のタイミングと見る人が多くなっています。

 

さらに住宅で比較的多く使われる瓦はその性質上100年程度の耐久性があると言われており、その点からすると100年は持つと考えられるものですが、実際には瓦自身が100年の耐久性を持っていっても、屋根として見た場合にはさらにその耐久性が短くなることが考えられます。防水シートなどが腐食してしまい雨漏りを発生させる可能性があるためで、その他雨風の影響により屋根の状態が変化してしまうと雨漏り等が発生しやすくなってしまうことから、定期的に点検を行い必要な部分を交換することが求められるようになります。そのため、瓦であっても数年に1度は点検を行うことが必要となるのです。

 

その他材質にはスレート瓦やトタン等があり、またその実現方法にも様々なパターンがあるためこれら全てについて材料の寿命を考慮していたのでは大きなトラブルを招いてしまう危険があるので注意が必要です。単に材質の耐久性だけでなく、その他の要素も充分考慮して屋根の寿命を想定することが大切になります。屋根の葺替え修理のタイミングは単にその材質の寿命だけでなく、全体的な影響を考慮して考えることが重要です。そのため総合的に考えると、概ね10年に1度程度は葺替え修理を行い、雨漏りなどを未然に防ぐことが必要です。

屋根塗装の塗料と料金の違い

屋根修理費用

 

屋根塗装の料金は、使用する塗料によって大きな差が出てきます一番安いのはアクリルで、他の種類を使うより費用を大幅に節約することができます。しかしアクリルは耐久性が非常に低く、ダメージを受けやすいので基本的に屋根塗装で使われることはありません。アクリルに次いで安いのはウレタンで、リーズナブルな料金の塗料です。少しでも費用を抑えながら屋根塗装をしたいときにはベストな塗料ですが、耐久年数が長くても10年ほどなので長持ちしません。一度の屋根塗装で長持ちさせたいなら、耐久性と料金のバランスが取れているシリコンです。以前は高額でしたが現在は製造コストが下がり、屋根塗装で最も人気がある塗料になりました。

 

使われることが多いので各メーカーは様々なカラーバリエーションを販売しており、希望のカラーを選びやすいでしょう。一般的に屋根塗装で使われる種類の中で、最も料金が高額なのはフッ素塗料です。料金が高額なだけはあり品質は最高級とされ、耐久年数は15年から20年と他の種類よりも長持ちします。一度使うと長期間美しい状態を保てますが、料金が高いので使われるのは大型の建築物などが基本で、一般家庭の屋根に使われるケースはまだまだ少ないのが現状です。100%アクリルで作られているピュアアクリルも屋根塗装では使われており、特徴は耐久性と防水性の高さです。

 

高機能な塗料として注目されていますが、料金が高くなるのでフッ素同様あまり使われていません。他にも次世代の光触媒塗料もあり、太陽光の光で屋根に付着した汚れを浮かせて雨で洗い流すセルフクリーニング機能が特徴です。しかし費用が高額になり光が当たらない屋根には使えないので、一般家庭ではほとんど使われません。塗料を選ぶときには料金だけでなく、耐久性や機能性とのバランスが大切です。安くても耐久性が低いと屋根塗装を繰り返す羽目になるので、全体のバランスを考えて選ぶようにしましょう。

屋根塗装に適した時期とは

根修理料金

 

住宅のメンテナンスは10年に一度程度と言われています。屋根は地上からは見えないためについつい軽視しがちですが、最近の屋根かわらはとても薄い板チョコのようなものを重ねて載せている場合が多く、簡単なことでひびが入ったり割れてしまうことがあります。天井から雨漏りがするようになったり、クロスがはがれてきて気づくことが多いようです。そうなってからでは補修に時間がかかり、費用も多くかかってしまいますから、早い目早い目の補修を心がける方が家を長持ちさせる秘訣となります。

 

屋根塗装にふさわしい時期は今申し上げたように10年に一度くらいなのですが、そのくらいのサイクルで外壁も傷んできますので、同時に補修を依頼することが安上がりとなります。足場を建てるだけでも何十万もしますので同時にやってもらうほうがよいのです。季節的には真夏は屋根に上がってもらうのは暑すぎますし、真冬は折角塗ってもなかなかかわかないため、工期が長引いてしまいます。ですので、そんな時期を外した中で、雨の多い梅雨の時期も外して、やってもらうのがベストです。足場を建てて塗ってもらうだけならば2週間から3週間くらいで終わります。窓を閉め切らなければならない期間もありますが、エアコンはおそらく使用できますし、そんなに不自由なわけではありません。

 

最近は遮熱効果の高い塗料も出てきていますので、それにすると夏が過ごしやすくなるかもしれません。色合いは何色にするかは自由ですが、もしアドバイスが欲しい場合は職人さんに聞いてみると良いでしょう。信頼できる職人さんを見つけるには人の紹介が一番ですが、ネット上などでの口コミなども見比べて、値段だけにとらわれないようにした方が良いです。見積もりを出してもらって数回会っているうちに契約したいところになるかどうか判断できる筈です。